仕事・住居形態の重要性−キャッシング審査申込み!

仕事・住居形態の重要性


 キャッシングで借り入れる際の条件として、本人属性と言われるものがあります。 氏名や生年月日、住所、勤務先、収入、 正社員かアルバイトなどの勤務形態、居住年数、持ち家か賃貸かの居住形態などがこれに当たります。

 このうち重要視される項目となるものの1つが勤務形態です。 一般的にパートやアルバイトよりも正社員が有利なのは言うまでもありませんが、公務員になるとさらに有利と言われています。

 また引っ越ししたばかりの人は難しいと言われています。 居住年数の長短には個人でさまざまな事情があり、必ずしもマイナスの理由とは限りませんが、金融審査の際には、居住年数が短い=転々としなければならない何らかの理由がある、として評価が下がってしまうのです。

 審査結果に影響を及ぼすものとして、携帯電話のみで固定電話のない人も、居住確認が取れないために不利だとされています。


Copyright(C) 2009
キャッシング審査
申込みサイト!

仕事・住居形態の重要性−キャッシング審査申込み!