本人確認資料の影響−キャッシング審査申込み!

本人確認資料の影響


 消費者金融の審査で一番無難な身分証明書は運転免許証です。 運転免許証は写真付きの身分証明書なので、スムーズに本人確認ができるからです。 有効期限内のものであれば、運転免許証でも健康保険証でもパスポートでも、本人確認の資料として何を使用するかは本人の自由です。

 しかし、この本人確認資料が審査結果を左右することも時にはあるようです。
 運転免許証やパスポートでは、大手企業に勤めていても、フリーターでも、そこから本人の職業を把握したり、証明することは不可能です。
 ところが職業によって健康保険証はいろいろな種類があり、特に公務員共済健康保険証は審査にかなり有利になります。 これは、収入が安定している可能性が高いためと考えられます。

 次に、サラリーマンなどが加入している社会健康保険証や組合健康保険証となります。 国民健康保険証は仮に無職者でも持っているものである上に、申請すれば誰でも持つことができるので、審査を有利に進めるといった点ではあまり効果はありません。
 しかし国民健康保険証でも本人確認資料としては充分なので、気にする必要はありません。
 共済健康保険証、組合健康保険証、社会健康保険証のいずれかを持っている場合は健康保険証の写しを提出すると良いでしょう。


Copyright(C) 2009
キャッシング審査
申込みサイト!

本人確認資料の影響−キャッシング審査申込み!